M-1グランプリ2021決勝の優勝者を予想!ラストイヤーコンビも残る敗者復活組にも注目

エンタメ
Pocket

年の瀬に開催される恒例番組”M-1グランプリ2021年決勝”がいよいよ2021年12月19日(日)に開催されます。

すでにM-1グランプリ2021決勝進出を決めているファイナリストのうち、5組は初めての決勝進出とあって大波乱が起きてもおかしくない状況となっています。

さらに今年の敗者復活組には、過去のファイナリスト組や実力派が揃っていて、こちらもどの組が勝ち上がっても決勝で実力を発揮することが予想されます。

M-1グランプリ2021の優勝者は誰になるのか?とても気になる話題ですよね。

そこで、M-1グランプリ2021決勝の優勝者を予想!ラストイヤーコンビも残る敗者復活組にも注目と題して、勝手ながらM-1グランプリ2021決勝の優勝者を予想してみましたので、ご自身も生放送を見て予想しながらお楽しみください。

 

M-1グランプリ2021決勝の優勝者を予想!

まずは、今年のM-1グランプリ決勝のスケジュールを確認しておきましょう。

<決勝戦・敗者復活戦>
開催日 :2021年12月19日(日)
敗者復活戦)
開始時間:14時55分から生放送
決勝戦)
開始時間:18時34分から生放送

そして、2021年12月18日時点で確定しているファイナリストはこちらです。

【M-1 グランプリ 2021 ファイナリスト】
・インディアンズ

・オズワルド
・真空ジェシカ ✳︎
・錦鯉
・モグライダー ✳︎
・もも ✳︎
・ゆにばーず
・ランジャタイ ✳︎
・ロングコードダディ ✳︎
✳︎マークは、初の決勝進出組
2001年からスタートしたM-1グランプリですが、過去16回開催された大会の優勝者の多くは、やはり正統派漫才を披露した者が頂上に立っています。
今回の決勝ファイナリストも正統派漫才で勝ち上がってきた面々ですね。
前評判では、3年連続でM-1グランプリ決勝に進出し、昨年は5位だったオズワルドがダントツの評価を得ています。
もちろん”オズワルド”の漫才は、正統派漫才を繰り広げとても面白い漫才ですが、予想するからには、世論と同じ視点では意味がないので、各組の漫才を全てみた上で私見を交えて優勝者予想するといかになりました。
ジャジャン!
・インディアンズ
・オズワルド

・ゆにばーず
M-1グランプリの決勝戦は、当日の雰囲気とその日のコンディションで大きな波に乗れるか否かで結果が格段に異なります。
過去M-1グランプリ決勝進出経験者ばかりになりましたが、この3組はいずれも実力があり、当日のビッグウェーブに乗ってしまいそうな感じがしてなりません。
”インディアンズ”は、なんと言ってもボケ担当の田淵章裕さんがどれだけ会場と一体感を持って盛り上げることができるかにかかっていると思っていて、この盛り上がりが作れれば頂点も見えると予想しています。
”オズワルド”は、3年連続の決勝進出で決勝の雰囲気を自分のモノにして、いつも通りの正統派漫才を披露すれば、前評判通りの結果が残せるのではないかと思っています。
最後に、”ゆにばーす”ですが、ボケ担当のはらこと、原 佑希(はら ゆうき)さんのなんとも言えない独特の雰囲気と相方 川瀬名人さんとの掛け合いが面白さを引き出しています。
過去16回のM-1グランプリでは、男性同士のコンビしか優勝を勝ち取っていないので、是非、今回は”ゆにばーす”が男女コンビ初の優勝者として名を残して貰いたいと思います。

M-1グランプリラストイヤーコンビも残る敗者復活組にも注目

M-1グランプリ2021の決勝では、敗者復活戦も今までにない豪華メンバーが揃っていて、大波乱が起こりうる様相となっています。

敗者復活戦に挑む16組は、以下の通り。

【M-1 グランプリ 2021 敗者復活戦】
・アインシュタイン
・アルコ&ピース
・カベポスター
・からし蓮根
・キュウ
・金属バット
・さや香
・ダイタク
・男性ブランコ
・東京ホテイソン
・ニューヨーク
・ハライチ
・ヘンダーソン
・マユリカ
・見取り図
・ヨネダ2000

今回、敗者復活に挑むコンビの面々をあらためて確認してみると誰が決勝に進んでもおかしくない顔ぶれが揃っています。

M-1グランプリの出場資格である結成15年以内のラストイヤーを迎える”ハライチ”、”アルコ&ピース”のラストチャンスの勇姿も見たいですし、すでに売れっ子になっている面々の実力も見たいし、当日のネタに期待が高まるばかりです。

この中で、敗者復活で決勝へ勝ち上がるのは誰か、こちらも予想しました。

ジャン!
・見取り図
・アインシュタイン
・ハライチ

上記3組を選んだ理由を説明します。

まず、”見取り図”ですが、ツッコミ担当の盛山晋太郎さんの声、大阪弁でグイグイ進める相方・リリーさんとのテンポ良い漫才が”見取り図ワールド”に引き込まれる面白さがあります。

昨年のM-1グランプリ決勝では、3位の成績を残しており実力は証明済みなので、敗者復活からの頂点を勝ち取る可能性は十分と思っています。

次に”アインシュタイン”!稲ちゃんこと、稲田直樹さんのキモい感じで男前を演じ切り方とちょっと男前で絶妙なツッコミ担当の河井ゆずるさんの掛け合いが面白さを増す漫才です。

”アインシュタイン”は、既に売れっ子でメディア露出も多く活躍されているのでこちらも十分な力を持つコンビです。

そして、”ハライチ”

澤部佑さん、岩井勇気さんともに知らない人はいないくらい活躍されている”ハライチ”は、今年がM-1グランプリラストイヤーなので、ラストチャンスの集大成として大爆発を見せて、見事敗者復活を期待します。

 

M-1グランプリ2021決勝の優勝者を予想!ラストイヤーコンビも残る敗者復活組にも注目 -まとめ-


明日、2021年12月19日(日)M-1グランプリ2021決勝を前に大胆にも優勝者を予想して見ました。

過去開催されたM-1グランプリは欠かさず見てきましたが、今年は決勝進出の半数に当たる5組がM-1グランプリ2021決勝初出場となり、今まで以上に優勝者を予想しづらい決勝であると同時に大波乱が起こることも多いに予想され、いろんな意味で期待される決勝となりそうです。

今回、独断と偏見で予想した優勝候補のコンビですが、M-1グランプリ2021決勝では全てのファイナリストが全力を出し切った上での優勝という栄冠を得ることになり、まさに”人生変えてくれ”を実現することになります。

いずれも本当に素晴らしい漫才を披露されることを期待しています。

以上 M-1グランプリ2021決勝の優勝者を予想!ラストイヤーコンビも残る敗者復活組にも注目 最後までご覧いただきありがとうございましいた。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました