どん兵衛CM終わりの謎の男は誰?星野源不在の理由は?

エンタメ
Pocket

多くの人に知られている日清食品のどん兵衛CM、最近は吉岡里帆さんと星野源さんの共演ですっかり定着しています。

ところが9月26日に公開されたどん兵衛CMの終わりに謎の人物が登場し、星野源さん不在でとても意味深なものになっています。

日清食品さんのホームページに掲載されている吉岡里帆演じるどんきつねのどん兵衛CMを見ても最新内容にはっきりと意味ありげなコメントが書かれています。

これは気にならないはずがないということで”どん兵衛CM終わりの謎の男は誰?星野源不在の理由は?”と題して調べました。

 

どん兵衛CM終わりの謎の男は誰?

最新CMでは吉岡里帆さん演じるどんきつねが一人で鰹節を削り、BGMは寂しさを募らせる都はるみさんの「北の宿から」、そしてその横にはどん兵衛と星野源さん愛用のメガネが置かれています。

しばらくして回想で星野源さんと思しき人物を愛おしげに見つめる吉岡里帆さんですが、その星野源さんを想像させる人物のまわりには吉岡里帆さんが一生懸命に削った削り節が舞ってはっきりと顔が認識出来ない状態になっています。

後半には、テーブルに置かれていた星野源メガネを投げ捨てる吉岡里帆さん。

メガネは、中秋の名月を思わせるお月さまの前を回転しなら飛んでいき、石畳に落ちた星野源メガネを拾い上げ、自らそのメガネをかける人物。

このメガネをかけた人物は、後ろ姿で誰だか十分に判別できないが、6:4分けの髪型にサスペンダー星野源さんをも思わせる出立ちながら、やっぱり星野源ではなさそうな横顔なんですよね。

星野源さんの画像と、この後ろ姿の人物の写真をいくつも比べてみても耳のかたち、輪郭、髪型、頬の肌の感じまで確認しましたが星野源さんではないと思われます。

 

日清食品HPのどん兵衛CMの情報から星野源消える?

最新のどん兵衛CMは前述の通りですが、さらに疑問なのはなんと過去に星野源さんが出演されていたどん兵衛CMが日清食品HPから削除されているのです。

また、最新のどん兵衛CMのサイトには、CASTとして掲載されているのは吉岡里帆さんのみが掲載されています。

さらに撮影こぼれ話には、本CMの裏話的なことがほんの少し書かれていますが、最後に”一体このCMは何なんだと!?”???

メガネを拾ったのは誰?とも書かれているいうことは、やはり星野源さんではないのでしょうか?

全てが意味深な構成に仕上げられていてある意味ワクワク感が楽しめます。

 

どん兵衛CMに星野源不在の理由は?

どん兵衛の新CMの終わりに出ている人物は誰なのか?

なぜ今まで人気があり、いくつもシリーズ化されていた吉岡里帆と星野源共演のどん兵衛CMに星野源が不在なのかその理由は何なのでしょうか?

しかも星野源がいるようで、かつお節ぶしが舞い散り、意図的にその人物の顔がわからないような演出は一体なのためなのか?

ツイッターの声を集ました。

横分けの髪型と最近の人気からおいでやすこがのこがけんさんに見える方が多いようですね。

売れっ子のおいでやすこがのこがけんであっても星野源さんの後をついでどん兵衛のCMを吉岡里帆さんと共演することになったらこれはある意味革命的なことになりますね。

それはそれで面白い展開になるかもしれません。

星野源さんが新垣結衣さんと結婚されたことがきっかけで今回のCM構成になっているとしたらこれはまた今までにない演出の仕方で次に起こる何かにとても興味津々期待をしてしまいますね。

ただ星野源さん続投を望む声が上がることは日清食品さんも予想しているはずなので、一般人が容易に想像出来るCM演出には落とし込まないのではと勘ぐってしまいます。

日清食品さんとプロが企画した新たなCM演出であっと驚く展開になることを期待しています。

どん兵衛きつねCMの最新内容が意味深。終わりに登場する人物は誰? まとめ

日清食品どん兵衛の最新CMの意味深な内容と星野源さんに変わって?CMの最後に登場した人物は誰なのか?

いろんな情報をもとに確認しましたが、今のところ十分な情報を得ることができず特定することは出来ませんでした。

吉岡里帆さん演じるどんぎつねと星野源さんの掛け合いでなんともほんわかした雰囲気でとても良い感じのCMでシリーズ化されていたので今後の展開に期待していた人も多いのではないかと思います。

今回のどん兵衛の最新CMは日清食品が意図的に視聴者にいろんな想像させるCM構成にしており、日清食品のあそび心とCM構成の上手さを感じます。

星野源メガネをバトンがわりに星野源さんに継ぐCASTを構成する演出をするとしたならばこの演出にははなまる以上の評価をつけてあげたいと思います。

以上 どん兵衛CM終わりの謎の男は誰?星野源不在の理由は?最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました